センスに自信のない人はプロに頼んでベストな名刺を作成

SITEMAP

Business card

私用名刺をつくろう

両手で持つ名刺

名刺には氏名と所属団体、職位、学位、連絡先などを記載することが多いです。名刺は仕事で使う公用の名刺をプライベートな場面でも使うことがあります。ですが、必ずしもその対応が良いとは限りません。公用の名刺は人事異動などで常に記載内容が変わる可能性がありますし、プライベートな関係の人に仕事関係の連絡先を教えることが、セキュリティ上、果たして問題がないのかという懸念もあります。また、学会など公の舞台での交流の場合に渡す名刺を組織の人間として渡すのか、個人的な立場で渡すのかはその関係性に大きな変化を与えます。
そういった使い分けを考えるなら、プライベートな関係の人に私的に渡すための名刺を公用の名刺とは別に作成するのも一つの対応ではないでしょうか。私用名刺もどういった場で使うのかで、ある程度格式ばったものから緩いものまで色々考えられます。格式ばったものであれば、学位や本職以外の所属組織を記載する必要があるかもしれません。緩い方であれば、趣味などを記載すると良いでしょう。
近年、名刺は自分で作成することも業者に安く作ってもらうこともできるようになりました。公用名刺と私用名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

配置のバランスにこだわった名刺作成をする

名刺作成時に気をつけたいのは、全体のバランスです。一目見たときロゴや文字の配置バランスがおかしかったら、良い印象は与えられないです。見た目のバランスが崩れていると残念ですから、バランスについて気をつけながら名刺作成しなければいけません。
名刺の全体的なバランスでポイントになるのは、名前の位置です。名刺は名前を伝えるのが一番の目的ですので、名前を目立たせないといけないです。つまり、これがセンターにしっかりないとバランスを悪くしてしまいます。会社名、役職、ロゴマーク、連絡先等は、名前の周りに配置するとバランスが良くなります。また、名前を一番大きくして、名前以外を少し小さくすると大小のバランスもちょうど良くなります。
まずその配置を基本にし、後はいろいろ工夫していくとオシャレになったり、センスを感じさせたりできます。あまりにも気取った名刺にすると逆に悪い印象になってしまうかもしれませんが、適度に工夫すれば普通は好感を持たれるはずです。名刺作成するときはそれらに気をつければ、とても見た目の良い名刺ができるはずです。名刺によって少しでもインパクトを残せればビジネスの世界で成功しやすくなりますし、良い名刺作成をすることが大事です。

名刺は自作せず業者に頼みましょう

ビジネスで大量に名刺を使う方はきっと業者に頼まれていることと思います。でも、そんなにたくさん必要なわけじゃないから、少しだけだから、という方は、業者に頼むかどうか悩まれるのではないでしょうか。でも、ほとんどの場合、業者に頼まれた方がよい結果になります。
その理由は、自分で名刺を作成すると安っぽくなるということです。具体的には、名刺を作成する場合には、名刺はサイズが小さいので、台紙に貼られているようなタックシールのような用紙を買ってきて、そこに自分で印刷することになります。この台紙になった名刺の用紙は、薄かったり、ふちが少しギザギザになったりして、あまり高級感がないことが多いです。名刺は必要なことを書いて渡すだけなのでなんでもいいのではないかとも思うのですが、やはり初対面の人と名刺交換をして、「この人はどういう人かな」と考えた時に、ちょうどその時にもらった名刺の質感が安っぽいと、その人まで安っぽいような印象を受けます。しっかりとした名刺を渡した方がいいですね。
以上のことから、やはり名刺は、しっかりとした業者に、安っぽくない、しっかりした紙にちゃんとしたフォントを使ったちゃんとしたレイアウトで、作成してもらった方がよいでしょう。

名刺作成を依頼するならセンスのあるアドプリント。

CONTENTS

TOP